診療のご案内|広島県佐伯区で眼科をお探しの方はそえだ眼科まで

受付時間
8:50~12:00
14:50~18:00 手術 手術

火曜、木曜午後手術
休診日 日曜・祝日 土曜午後

〒731-5136
広島市佐伯区楽々園4丁目6-23

  • 地図
  • メニュー

当院で行っている主な手術

※手術は通院で可能ですが、ご自宅が遠方、おひとり暮らしなど、通院での手術に不安がおありの方は、
当院での手術後に、 提携している病院への入院が可能ですのでご相談下さい。

白内障手術(単焦点眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズ、多焦点眼内レンズ)

楽々園駅・そえだ眼科

視界がかすむ

光がまぶしい

色の違いがわかりにくい

白内障にはさまざまな原因があり、年齢を重ねるにつれて発症しやすくなります。初期段階であれば点眼で進行を抑える治療を行います。
ある程度進行して症状が強くなると、視力回復には手術が有効です。手術は眼の中の白内障(水晶体)を取り除き、人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入、固定します。使用する眼内レンズは単焦点眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズ、多焦点眼内レンズから、患者さんのライフスタイルなどを考慮して選択し、最良の治療効果をめざします。

硝子体手術(網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体出血、糖尿病網膜症など)

楽々園駅・そえだ眼科

黒い点や墨を流したような影が見える

見ようと思うところが見えにくい

物がゆがんで見える

硝子体(しょうしたい)とは、水晶体の後ろにある、眼球の内腔を埋める透明なゼリー状の組織です。
硝子体が網膜(光を感じる膜)を引っ張ったり、網膜から起こった出血が硝子体に溜まったり等、視機能に大きな影響を及ぼす病気が対象となり、眼科手術の中でも高度な技術と医療設備が要求される難易度の高い手術です。
当院では豊富な経験を活かして日帰りで手術を行っております。

涙道手術(涙嚢鼻腔吻合術、涙道内視鏡併用涙管チューブ挿入術)

楽々園駅・そえだ眼科

泣いていないのに涙があふれる

目やにが増えた

目頭が赤く腫れて痛みがある

目と鼻をつなぐ涙の抜け道(涙道)が詰まると涙目になります。さらに涙道に細菌が感染すると、目やにも伴うようになります。涙道が詰まると薬の治療では改善しませんが、手術で改善できます。
また涙道が詰まっていなくても、涙道の機能が低下して涙目になっていることがあり、薬の治療で症状を軽くできる可能性があります。
治療前に涙道の状態をX線CT撮影などで検査、評価し、涙目の改善に効果的な治療方法をご提案します。

緑内障手術(線維柱帯切開術、線維柱帯切除術)

楽々園駅・そえだ眼科

緑内障は視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。
病気がかなり進行するまで自覚症状がほとんどないため、治療が遅れると失明することがあります。そのため、定期的に眼の検査を受ける等、早期発見が大事な病気です。
治療は眼圧を下げる目薬で進行を抑えますが、複数の目薬を組み合わせても進行する場合は、手術で治療を行います。

硝子体内注射(加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫などに対する抗VEGF療法)

楽々園駅・そえだ眼科

物がゆがんで見える

視野の中心が暗くなる

モノを見るときに重要な「黄斑(網膜の中心部)」という組織が、加齢や糖尿病の合併症などにより、ダメージを受けて視力の低下が起こります。
放置すると失明につながるため、注意が必要です。
抗VEGF療法は、網膜のむくみや異常な血管の増殖を抑える薬剤を眼に注射する治療です。

眼瞼手術(逆まつ毛、眼瞼内反症、眼瞼皮膚弛緩、眼瞼下垂)

楽々園駅・そえだ眼科

まつ毛が眼に当たる

眼がゴロゴロする

眼が充血している

加齢によってまぶたの皮膚が伸びたり、まぶたが下がって見えづらくなったり、まつ毛が眼に接触して痛くなる病気が対象です。
症状がひどくなれば手術でまぶたの形を整えることで症状の改善と図ります。

その他小手術(めぼ、翼状片、結膜弛緩など)

楽々園駅・そえだ眼科

まぶたが腫れて痛い

白目の一部が黒目に伸びてきた

眼がしょぼしょぼする

まぶたや白目、黒目などに起こる病気です。
「めぼ(ものもらい)」は、まぶたに細菌等の炎症が起こって腫れたり、しこりができる病気です。薬物治療で治らず、症状が長引くようなら手術の必要があります。
「翼状片」は紫外線等の刺激で白目が黒目に伸びてくる病気です。大きくなると視力に影響が出るため、手術が必要になります。
「結膜弛緩」は加齢により白目がたるむ病気です。違和感が強くなれば手術が必要です。

レーザー治療(糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、中心性漿液性網脈絡膜症、(閉塞・開放隅角)緑内障など)

楽々園駅・そえだ眼科

当院では各種レーザー治療を行っています。
網膜の出血、むくみ、高眼圧などによる視機能の悪化を治療します。
治療は病気の種類、程度によって複数回必要になることがあります。